雨あられ

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ゲーム > 同人ゲーム(その他)   Tags: 感想  同人ゲーム  創作ユニ  

Comment: 0  Trackback: 0

【シェア・創作ユニ】渡り鳥の門は遠く



概要
・タイトル ::: 渡り鳥の門は遠く
・作者 ::: 二月ほづみ 様・藤川ヒロヒコ 様(Studio F#
・価格 ::: 1,995円(パッケージ、DL販売共通)
・公開 ::: 2009/7/19
・ジャンル ::: 創作ユニ・ビジュアルノベル・シェア
・年齢制限 ::: 全年齢(PG12程度の性的・暴力的表現を含む)
・ツール ::: 吉里吉里
・ED数 ::: 9
・スチル ::: 237枚
・補足 ::: 『メルクリウスの青い砂』との関連あり

名家や資産家の子弟が集う国立の男子寄宿舎学校、ペトルシキム・ギムナジア。 モスクワ郊外に位置するこの学校に学ぶ13歳のロディスと14歳のユリウスは、夏休みの終わりに、同校で庭師として働く同年代の少年と知り合う。

衝突しつつも、やがて境遇の違いを超えて仲良くなっていく三人だったが、そんなある日、庭師の少年が忽然と姿を消した。 ロディスとユリウスは真相を突き止めようと決意するが……。

少年たちの友情をめぐる、ほろ苦く切ないジュブナイルノベル。
(サイトより)



まずはネタバレにならないシステムについてですがものすごく快適。その辺の商業ゲームよりもしっかり作り込んであるのでは?デザインも好みで、繰り返しプレイをしていても途中でイライラすることなく遊ぶことができました。
それとゲームシステムも面白かったです。基本は読んで進めるノベルゲーなのですが、ロディス視点のメインシナリオを軸に途中挿入や条件派生によりユーリやジル、その他のキャラの視点が読めるようになるというマップシステム。ロディ視点でちょっと理不尽だなぁと思ってたことが他キャラ視点を読むことで仕方なかったなと思えたり、ある出来事の裏でこんなことが起きてたんだと物語が深まったりと、イベントを開いていくのが楽しかったです。その分、マップコンプが大変だったりもしましたがw
あとは音楽もよかったのでおまけとかで個別に聴けると嬉しかったです。(サントラ欲しい)

感想は続きに。ネタバレあり)
スポンサーサイト

Category: 雑記   Tags: 感想  舞台  

Comment: 0  Trackback: 0

ヤン・リーピンのシャングリラ

ヤン・リーピンのシャングリラ」を見てきた。
けっこう直前になってからチケットをとったんだけど本当に見に行って良かった。
とくにヤン・リーピンのソロダンスである「月光」と「孔雀の精霊」は感動の一言。あんなに指先(正確には爪先)の動き一つ一つにまで注目して見たことなんてない。どうしたらあんな動きができるのだろうか?腕の動きとか不思議で仕方なかった。本当に感動した。

ヤン・リーピンが注目される舞台だけど他の演目もよかった。
特に好きだったのが「花腰歌舞」。歌自体がすごく好きだったのだが、群舞もとても楽しそうで一緒に動きたくなった。「三拍子で歌い、二拍子でステップを踏み、一拍子で手を叩く」という高難易度なものだそうだが…、その辺は私にはさっぱりwでも終わった後にもう一回最初から!と思ったほどお気に入りの曲。



「孔雀の精霊」が次に続いたため、終演直後の印象は弱かったが公演プログラムを見ながら思い返してみると感慨深いのが「聖地巡礼」。大勢で布を振りながら踊るシーンは幻想的で綺麗で何だか少し怖かった。いろいろ考えさせられる。
その他では「打歌」や「煙草入れの舞」が記憶に残ってるかな。「煙草入れの舞」はゆったりしてるんだけどアクロバティックな動きが多くて面白かった。動物や虫の交尾を模してるためちょっと気恥ずかしいとこもあったけど、家族へと繋がるとこはジーンときた。一方、「打歌」は思春期の男女の恋人探しの踊りだそうで、明るく楽しい踊りだった。途中の「花いちもんめ」的なとこやラストがコミカルで見ていて笑ってしまった。シャングリラで笑うシーンがあるとは思ってなかったよ。

あと演目以外では「老虎鼓」や「煙草入れの舞」などでリードダンサー(領舞)を務めたシャガが印象的だった。特に「老虎鼓」をソロで叩く場面は見入ってしまった。このせいでその後字幕にリードダンサーとしてシャガの名前が出ると反応して嬉しくなってる自分がいたくらいw公演プログラムによるとリーダ的存在のようで納得。この人ももう一度じっくり見たい。

東京での公演は22日まで。もう一回見に行きたいけど、チケット的にも日程的にも無理か。残念だ。
そういえばDVDとか出ないのかな?出してくれれば多少高くても買うんだけどなぁ。

テーマ : 観劇    ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: ゲーム   Tags: DSiウェア  感想  ゲーム  

Comment: 0  Trackback: 0

【DS】立体かくし絵 アッタコレダ



DSiウェアの残り500ポイントを使って『立体かくし絵 アッタコレダ』を買った。
立体的な絵の中に隠されてる文字や絵を探すというゲーム(動画参照)なんだけど、これはすごい。カメラの顔認証がいまいちでちょっとイライラする部分もあるけど、このゲームシステムはすごく面白いと思う。絵も音楽も好きなので操作性を良くして続編を出して欲しい。ついでにボリュームももうちょっと欲しいかな。
まだノーヒントの隠し絵がいくつか残ってるから頑張って見つけたい。

Category: 読了   Tags: 読了  漫画  

Comment: 0  Trackback: 0

【漫画】娚(おとこ)の一生 1~3

娚の一生 3 (フラワーコミックス)娚の一生 3 (フラワーコミックス)
(2010/03/10)
西 炯子

商品詳細を見る



全3巻読了。いやー面白かった。
恋愛物はあまり読まないんだけどこれはいい!アプローチの方向が「若い女性」→「50代男性」ではなくて、「50代男性」→「30代女性」というのがまた新鮮だった。そして萌えた。
ラストの3巻は事件事件でちょっとバタバタしすぎかなと感じたけど、その分某シーンの海江田の表情が印象的でせつなかったな。ほんとこの漫画の魅力は海江田の魅力といっても過言ではないと思う。もちろん西さんの描く間や丁寧な心理描写も良いのだけど、この本を人に勧めるときに何を推すかといえば絶対に海江田。もともとオヤジ好きではあるけどこんなに色っぽい50代が近くにいたら間違いなく惚れる。言葉だけでは(というか私の文章では)彼の魅力を説明できないので、ぜひ本を読んで海江田の魅力を堪能して欲しい。

主人公のつぐみについても共感できる部分があっていろいろ書きたいけど、ネタバレだらけになりそうだし感情がマイナス方向に走りそうなので止めておく。

テーマ : 漫画の感想    ジャンル : アニメ・コミック

Category: 読了   Tags: 感想  漫画  読了  

Comment: 0  Trackback: 0

【漫画】ぼくらの11

ぼくらの 11 (IKKI COMIX)ぼくらの 11 (IKKI COMIX)
(2009/12/26)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る



発売してたのは知ってたんだけど、通常版が見つからなかったので後回しにしてたら2ヵ月経ってた。
てことでぼくらの最終巻をやっと読了。
内容は重いし、予想通りハッピーエンドじゃなかったけど、後味は悪くないという不思議な読了感。P167からの描写は今までを振り返ってうるっときてしまった。完結って嬉しさと寂しさの両方があるよなぁ。仕組みについてはわからないままだけど、そこは大して問題じゃないし、下手にこじつけられるよりわかりやすい。だから理不尽で逆らえないだなと。
いい終わり方だったと思う。

テーマ : 漫画の感想    ジャンル : アニメ・コミック



【応援バナー一覧】
月別アーカイブ
 
プロフィール

たお

Author:たお
本やゲーム(主に同人ゲーム)の感想が主になるかと思います。

※女性向け(BL・乙女)の内容が多いです。
※ネタバレはほとんどしないつもりですが一応注意してください。

本棚
フリーエリア
応援中
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。